ブログ

グラストンテクニックで筋膜リリース・軟部組織リリース

●筋膜とは?

筋膜とは、筋肉を覆う膜状の組織です。

筋肉ひとつひとつを覆う膜や、複数の筋肉をまとめる膜など様々な筋膜があります。

人間の体で、骨がビルの骨格であれば、筋膜と筋肉は骨格の間に張り巡らされたワイヤーのようなものです。
このバランスが一か所崩れれば、体中のさまざまな部位に影響を与えてきます

特に硬くなったり炎症を起こした筋肉は筋膜が他の組織と癒着(くっつくこと)を起こし、動きを悪くします。
この筋膜の癒着を取り除く方法がいわゆる「筋膜リリース」と呼ばれているものです。

■グラストンテクニックとは?

筋膜リリースには様々な手法がありますが、当院では「グラストンテクニック」という最新テクニックを使用します

グラストンテクニックはアメリカのプロスポーツチームなどでも使われているもので、「インストゥルメント」と呼ばれるステンレス製の器具を使用します。
この器具は一見手術器具のように見えますが、刃はついていなく安全です

インストゥルメントで皮膚の上からアプローチすることで、筋膜の癒着部位をリリースしていきます。
正規の講習を受け、ライセンスを取得した治療家が様々な動きを見ながら確実にピンポイントでリリースしていくので、非常に即効性の高い治療です。

また、筋膜以外にも靭帯や関節などの怪我や手術などの後に起こる癒着にも効果が高く、これらの後遺症にお悩みの方にもお勧めしています。

グラストンテクニックの特徴

・しっかりとリリースするので効果が持続しやすい
・筋膜以外にも腱、靭帯など様々な部位の癒着にアプローチが可能
・術後の運動、入浴なども問題ありません。
(むしろ運動はリリース効果をより高めるので推奨してしいます)

※癒着の強い部位をリリースした場合、皮膚に赤みが出ることがあります。これは、癒着部位の不正な組織に通った毛細血管が壊れるもので、通常は数日で消失します。

主な適用

・腰の痛みや肩の痛みなどが長期間しつこく続いている方
・肩関節の痛み、可動域の低下(いわゆる四十肩・五十肩)
・テニス肘や腱鞘炎、ばね指など腕~手の使い過ぎによる症状
・股関節や膝の痛み、可動域の低下(ランナー膝や膝蓋腱炎を含む)
・足首の可動域の低下、アキレス腱周囲の痛みなど
・怪我の後の痛み、可動域の低下
・手術後の縫合部のつっぱり感
・スポーツパフォーマンスの向上
他にも様々な症状に適用できますので、ご疑問があればお気軽にご相談ください。

グラストンテクニック(保険治療との併用が可能です)
一回 1600円(10~20分程度)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る