ブログ

腰痛について

■腰痛にお悩みの方へ

●当院の治療方針

腰痛」とは文字通り「腰が痛い」ということで、「ぎっくり腰」とは「急激に腰が痛くなった」ことです。
どちらもそれ以上の意味はなく、正式な病名でもありません。
当院の治療はより詳しく「どの組織がどのような原因で痛みを発しているか」といことを診察することからスタートします。
筋肉であったり神経であったり関節であったり…痛めている組織、痛め方によって当然治療のアプローチも違うものとなります。

また、単に痛みの原因を治療するだけではなく、
「なぜそこが傷むようになったのか」という原因も診察させていただきます。
(急性の強い腰痛の場合はこのような診察は難しいので、
まず痛みをとることに注力させていただきます)

・猫背をカバーするために腰がそってしまっている
・股関節~ふとももの筋肉が硬くて骨盤が傾いている
・左右のバランスが悪く、一方に負荷がかかってしまっている
など、止まっている状態の「姿勢」だけではなく、
関節の動きや筋肉のバランスなどの「動き」も腰に大きく影響します

・今ある腰の痛みをとる
→腰痛の原因を改善していく
→腰痛のでない体になる

というステップは痛みをゼロにするだけでなく
「より動きやすい」プラスの体を作ることにもなります。

特に腰痛を繰り返す方、マッサージだけではすぐに痛みが戻ってしまう方
ぜひ一度当院にご相談ください!

●当院の腰痛治療内容(一部)

□超音波治療器
超音波の振動によって、手技では届かないような深い組織まで治療できる器械です。
急性の腰痛の炎症を抑えたり、固くなった筋肉の緊張をゆるめるなど
出力などの設定によって様々な症状に対応できます。

_S1C0211

□手技(マッサージ・骨格/骨盤矯正)
広い範囲の筋肉の状態を確かめながら治療していくには
やはり手によるマッサージが優れています。
また、骨盤や骨格の矯正を行うことで筋バランスが崩れにくくなり、
より効果が持続しやすくなります。

_S1C0123

□運動指導(ストレッチポール)
体全体のバランスを整えるために、ストレッチポールを使用した体操
可動域トレーニングや筋力トレーニングなども行います。
また、希望される方には自宅でも簡単にできる腰痛予防のトレーニングやストレッチも指導させていただいています。

_S1C0301

□グラストンテクニック(保険外診療)
炎症の後や、動かさないことで硬くなってしまった組織に
特殊な器具を使って直接アプローチする治療です。
患部だけでなく、様々な動きの障害となっているポイントを発見し、
解消することで腰への負担を軽くすることもできます。

グラストンテクニックについて詳しくはこちらをお読みください

Graston_-_Main

□EMS(電気筋刺激装置・保険外診療)
マッサージによる緊張の緩和や、骨格の矯正などを行っても
腰に負担をかけない筋力・体の使い方が十分ではないと
すぐ元の悪い姿勢に戻ってしまいがちです。
EMSは単に筋力の強化だけではなく
「普段うまく使えない筋肉を使いやすくする」効果もあります。
EMSについて詳しくはこちらをご参照ください
_S1C0259

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る