ブログ

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板(背骨の骨と骨の間にあるクッションの役目をする軟骨)が外に出てしまい、神経を圧迫する椎間板ヘルニア。

腰~足先の下半身にかけて、違和感・しびれ・痛みなどの嫌な症状の原因としてもっとも有名です。

kosi_hernia

今までの施術経験で「病院でヘルニアと言われたんですが…」という方を多数見てきました。
しかし「この痛みは本当にヘルニア(椎間板の突出)が原因なのだろうか?」というケースが大半でした。

背骨を出た神経は、腰の筋肉の下を通り、骨盤の中を抜けてお尻の筋肉の間を抜けて足に通っていきます
当然、これらの筋肉が固くなっていれば神経の流れは悪くなり、しびれや痛みの原因になります。

「病院でヘルニアと診断され、手術を勧められたんですが、手術は…」という方でも
このような筋肉の硬さに対処し、筋肉の負担の原因となる骨格や姿勢のゆがみを改善するだけで、
しびれや痛みが改善されたケースも多くあります。

(もちろん、診察の結果、真性のヘルニアとしかいいようがなく、私からも手術を勧めたケースも数件あります)

「ヘルニアだから手術しない限り腰が痛い/足がしびれるのはしょうがない」とあきらめずに

まずは当院にご相談ください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る